development story

私達のモノづくりは

地域・社会への貢献プロジェクトでもあります。

 

香川を拠点に活動を続ける私達が

新しいモノづくりを通じてできることは

地域の人々と生産工程で繋がることでした。

 

そしてカメラバッグを支える大切な底部のパーツ製作を

香川県の障害者福祉サービス事業所様に依頼させていただきました。

 

 

カメラバッグ底部をX状に包み込む素材は、高松市競輪

事業から使用済み競輪用チューブラータイヤを寄付して

いただき、それを加工、再利用することで使われなく

なったものに新しい生命を吹き込みます。

 

この素材は頑丈な綿糸が使われ、弾力性があるので

重さのあるカメラ等機器を支える素材に適しています。

 

 

障害福祉サービス事業所様にはタイヤのゴム(トレッド部

分)内側のゴムチューブ部分の取り外し作業、そして

シリコン塗料によって黒に塗装していただきます。

 

その後Cargo Ship工房にてバンド両サイドを縫製。

バッグ底部のX-bandパーツとなります。

「 O T O 」にはタイヤ2本分が使用されます。