STAUBでりんごのタルトタタン

初挑戦したりんごのタルトタタン!
りんごが旬のこの時期。りんごをたっぷり6個使って
作ってみした(≧∀≦)
作りながらふと、タルトタタンという名前の由来が少し気にしなったので、調べてみました(๑>◡<๑)

19世紀後半にステファニーとカロリーヌのタタン姉妹が、フランスでホテル「タタン」を経営していたそうです。
ある日調理を担当していた姉のステファニーが、いつものように伝統的なりんごのタルトを作り始め、りんごをバターと砂糖で炒めていたところ、炒めすぎて焦げるような匂いがしてきたので、失敗を何とか取り返そうとそのフライパンにタルト生地をのせて、そのままフライパンをオーブンに入れて焼き、ひっくり返してみるとキャラメルの香ばしい香りのタルトが出来上がり、その美味しさが広まり
そのお菓子は姉妹の名前をとって「タルトタタン」という名前がついたそうです!

作り方もそのまんまで、バターと砂糖で作ったキャラメルの中に、たっぷりのりんごを入れて煮詰め、綺麗に並べタルト生地をのせてオーブンで焼きました!りんごを煮詰める時のいい匂いがたまりませんでした!

ぜひ作ってみてください😊