· 

四国まんなか千年ものがたり日記

多度津駅の待合
昨日は朝からとてもいいお天気!
先日結婚51周年を迎えた両親へ、
結婚記念日のお祝いに姉と二人で
「四国まんなか千年ものがたり」
"しあわせの郷紀行"をプレゼント🎁

香川県多度津駅から徳島県大歩危駅を1往復する
「四国まんなか千年ものがたり」は
車両ごとに春、夏、秋、冬を、イメージした外装で
私達は秋彩「あきみのり」の章を予約しました。

9時に姉と二人で両親を迎えに行き、多度津駅へ。
事前に駐車場を予約しておいたので、駐車場は
無料で利用できました。多度津駅に着いたのは
10時前。とりあえず10時48分、多度津駅発の
特急南風5号・高知行きで大歩危まで行く予定
だったので、少し早く駅に着いたけど駅前の
コンビニで飲み物を買って、約1時間で
大歩危駅へ。

行きの電車はすごく揺れて、あまり乗り物が得意じゃない私は乗り物酔いで、ほぼ景色も見れず…。
隣に座った父は、昔から電車好きだったので
全く酔うこともなく、ずっと窓の外の
景色を楽しんでいました。
徳島県大歩危駅
そして11時41分、大歩危駅へ到着。
駅へ着いてからの計画は、まずタクシー🚖に
乗って日本三大秘境 大歩危遊覧船に乗って
30分大歩危の魅力を楽しんだ後、すぐ近くの
道の駅大歩危でお買い物と足湯をして
またタクシーで14時過ぎに大歩危駅まで行って
14時21分発の"しあわせの郷紀行"に乗ること!

しかし、大歩危駅に着いてすぐタクシーに乗ろうとすると…。大歩危の周辺にあるタクシーは
全て観光などの予約でいっぱい💦

遊覧船の乗り口まで行くには、徒歩しかないという
現実に、予定を変更してとりあえず
少し手前にある道の駅大歩危まで歩くことに…。

すると80歳になったばかりの父ですが
歩幅も小さくなかなか進まず…このままでは
遊覧船は無理かなぁ…と諦め、なんとか道の駅
大歩危に到着。父はもう帰りは歩いて大歩危駅まで
戻れないというし、タクシーはもちろん無理だし😖

ということで13時5分発に唯一通るという
バスに乗ることに。これに乗り遅れると
次のバスは14時40分頃で、そうなると
しあわせの郷紀行にも乗れなくなってしまう…
ということで、今回は遊覧船は諦めて道の駅で
足湯の存在も忘れ少しゆっくり。
その間に「四国まんなか千年ものがたり」の
そらの郷紀行が(多度津駅→大歩危駅)通るのが
見れるというのでみんなで手を振ってお見送り。

四国まんなか千年ものがたり
そして13時5分発のバスに乗って
大歩危駅に到着。まだまだ時間はありましたが
タクシーに乗れなかったので、今回はこれが
1番の選択でした。大歩危駅からは事前にタクシーを
予約するのがいいですね‼︎
大歩危

そして14時に列車のドアが開き
出発まで席に座ってくつろぎました。

予約した席に着くと、メッセージと綺麗な花束が💐
今回この「四国まんなか千年ものがたり」
しあわせ郷紀行は事前に予約すれば、
列車の中で日本料理 味匠藤本の料理長さんが
地元食材にこだわった料理が詰まった
三段重のお弁当箱をいただけるということで
せっかくなのでそれも予約。
そして花束とメッセージのプレゼントも
予約できると知り、それも事前に予約しました。

花束のプレゼント
そして大歩危駅を出発。
駅員さんや地元の方々が手を振って
お見送りしてくれました^_^

この列車は大歩危駅から多度津駅までを
約3時間かけてゆっくり走り、途中で
綺麗な景色や、列車か徒歩でしか行く事が
出来ない秘境の駅"坪尻駅"などで停車し
記念撮影もできる特別な列車です。
三段重のお弁当箱
四国千年ものがたりデザート
久しぶりに姉と4人で行った小旅行。
子供の頃からあまり家族でお出かけする機会が
少なかったので、いつぶりだろう…と思いながら
とても楽しい時間を過ごしました。

鉄道が好きだった父は、私が子供の頃
父の転勤で東京に住んでいた時はよく
山手線に乗りに行ったり、新幹線が
開通すると記念にと連れて行ってくれたり…。

でも大人になって車生活になってからは
なかなか電車に乗る機会も減りましたが
こうやって、ゆっくり素敵な景色を見ながら
美味しいお料理を食べて、いろんな話を
しながら、またいろんな場所で地元の方々が
手を振ってくれる温かいおもてなしに
とても思い出に残る素敵な旅でした。
カーゴシップロゴ
カーゴシップのインスタグラム

ⓒ 2014-2022 CARGO SHIP